侵Q38

先日、業界雑誌の取材を受けたときに、当社製品の分解写真が掲載されました。この際、その部品の一つについて、他社から意匠権侵害の警告書が届きました。そもそも、機械部品に意匠権が成立するものなのでしょうか。それに確かに部品の意匠は使用していますが、それが意匠権侵害なのでしょうか。

質問

当社は工作機械メーカーです。先日、業界雑誌の取材を受けた際に、当社製品の一つであるドリルの分解写真を提供して雑誌に掲載されました。

ところが、その写真を見た他社から、同社が製造販売するドリルの刃を固定するコレットチャック(筒状の固定具)と同一の形状のコレットチャックが使用されている旨の指摘があり、同社の意匠権を侵害するとの警告書が届きました。急いで確認したのですが、確かに登録意匠が存在します。

まず、そもそも、こういった機能に基づいて設計されるコレットチャックのような物品に意匠権が発生するものなのでしょうか。

また、確かに部品としては使用していますが、内部部品であることを考えれば意匠権を侵害していると言われることに納得がいきません。

これらのことについて、どのように考えたらよいかお教えください。

回答

1.機械部品に意匠権が成立するか?

一般に意匠というと、洒落た文房具や家具といったように、工業デザイナーが需要者の目を引くようにデザインした実用品を思い浮かべる方も多いと思います。しかしながら、我が国の意匠制度は、登録する意匠に、購買選択の際その形が需要者の選択判断の対象になるという要件(これをアイアピール要件と言います)を求めていません。従って、物品の購買時に、需要者の選択判断にならない形であっても、創作の結果生まれた形態は、意匠の登録対象になります。

機械部品も例外ではありません。確かに、機械部品は、機能に基づいた設計の結果その形が完成するのであって、需要者の目に留まるようにその形が決定されることは稀です。しかしながら、機能的な理由に基づく創作の結果として具体的な意匠が生み出されているのですから、新規性や創作非容易性などの登録要件を満たせば意匠登録を受けることができるのです。

もっとも、意匠法は、「物品の機能を確保するために不可欠な形状のみからなる意匠」は登録を受けることができない、と規定しています(5条3号)。例えば、パラボラアンテナのお皿型の形状や、電池の形状のように、一定の規格に基づいて決定されるような物品の形態は、この規定により、意匠登録の対象になりません。しかしながら、この「物品の機能を確保するための形状」と、「物品の機能的な形状、すなわち機能美」とは全く異なります。例えば、実用品である自動車としての物品の機能を確保するための形状はタイヤを2列づつ左右に配置した形状のことでしょうが、空気抵抗を低くするという機能を達成するための形状、すなわち機能美としては多様なものが考えられるでしょう。ポルシェ911、フェラーリ・テスタロッサ、日産・フェアレディZなど、具体的な自動車の意匠を考えてみればお分かりになると思います。

この機能美以外に、観察者へのメッセージとなる装飾美が存在するのですが、つまり、意匠とは、次の図の通り、実用品として成立するために必要な形態上に、機能美と装飾美を加味して成立したものである、と言うことができます。

意匠を構成する形態の要素
<意匠を構成する形態の要素>

2.外から見えない部品が意匠権を侵害するか?

もう一つのご質問、すなわち、外から見えない部品なのだから意匠権を侵害していないのではないか、ということですが、これは理にかなった主張です。

チャック・コレットチャック

意匠を保護するのは「創作自体に価値があるからである」とする創作説、「需要者による混同を防止するためである」とする混同説、そして、「需要者に認められて経済活動が促進されるからである」とする需要喚起説などが存在しますが、近年では、後2者のように需要者の立場で意匠保護を考えることが主流となっています。判決例においても、機械部品として製品に組み込まれた部品について、「意匠保護の根拠は,当該意匠に係る物品が流通過程に置かれ取引の対象とされる場合において,取引者,需要者が当該意匠に係る物品を混同することを防止することにあると解すべきであるから,(中略)流通過程において外観に現れず視覚を通じて認識することができない物品の隠れた形状は考慮することができないものというべきである。」(註1)と判断した重要判決が存在します。この判決例は、意匠の要部(特徴点)が取引の際に観察できるかどうかを問題にしていますから、流通過程において全体が外から全く見えない部品であればなおさらでしょう。

このように、意匠権の行使は、流通過程において需要者にその形態がアピールする状況に置かれているかが問題とされますから、今回のケースのように部品として組み込まれた状態で流通するのであれば、意匠権の侵害は成立しないことになると思われます。

3.取り替え部品として市場に流通するか?

しかしながら、使用される際に内部に組み込まれて見えない部品であっても、例えば消耗品や破損時の取り替え部品のように独立に取引される場合があります。この場合は、その部品が市場で需要者により選択される状況が生じます。

確かに、消耗品の場合は、その形状の部品を買わなければ本体に装着できないのですから、その部品の選択の際に意匠の機能を発揮しないのではないか、という議論もあるかもしれません。しかしながら、上述の判決例においても述べられているように、流通時において認識することができれば意匠の機能を発揮していると解するのが通説ですので、部品が単独で流通する場合は注意が必要です。

よって、ご相談のケースでは、次のように場合分けをして考えるとよいでしょう。

(1)コレットチャックがドリルに組み込まれて、外部から観察できない状態で流通するのであれば、相手方の意匠権を侵害する可能性は低い。

(2)コレットチャックが他社のドリルの部品として採用されていたり、また消耗品として市場に流通するのであれば、流通した部品としてのコレットチャックは、相手方の意匠権を侵害する可能性が高い。

4.まとめ

以上の通り、意匠の対象が外観に現れない部品であるからといって意匠登録の無効を主張することはできません。しかしながら、本件物品のコレットチャックはドリルに組み込まれて流通する限り、市場で意匠の機能を発揮していると言えませんから「意匠の実施」に該当しないという反論を行うことができるでしょう。しかし、一方で、本件物品が、他社のドリルの部品として採用されていたり、また、消耗品として単体で流通する事実があれば、その部分については「意匠の実施」に該当すると考えられるため注意が必要でしょう。

参考情報
  • (註1)「減速機付モーター事件」 H15. 6.30 東京高裁 平成15(ネ)1119

本QAは特許庁委託事業「外国産業財産権侵害対策等支援事業」において作成されたものです。
事業内容等は本事業サイト(http://www.jpo.go.jp/index/kokusai_doukou/iprsupport/index.html)をご確認下さい。